ビタミンDについて

コロナ禍で再注目!
今話題になっている「ビタミンD」ってなに?

今回は今再注目されている「ビタミンD」についてご紹介します!

 

ビタミンDの働き

・カルシウムの吸収を促す効果があるので骨を丈夫にする

・筋肉の合成を促すので筋肉増強に有効

免疫力を調整する働きがあり、風邪などの感染症の発症・悪化の予防に関与

ビタミンDが不足すると

・骨や筋肉が弱くなる傾向にある

・免疫機能を調整する働きも弱くなるため、風邪等の感染症の発症・悪化が心配される

必要なビタミンD量

日本人の食事摂取基準では1日の摂取の目安量は、18歳以上の男女ともに5.5㎍(マイクログラム)、耐用上限量は100㎍とされています。
※各食品に含まれるビタミンDの量
・紅鮭1切れ(80~150g)で約3㎍
・全卵Mサイズ1個(60g)で約1.1㎍
・きくらげ5gで約4㎍

ビタミンD摂取について

適度な日光浴

1日20分程度日光に当たることで必要量の80~90%を体内で生成することができます!

食品からの摂取

ビタミンDを多く含む、鮭などの魚介類・干しシイタケ・きくらげ・卵黄・きのこ・乳製品など

 

ビタミンDは水に溶けない性質で体内に蓄積されやすいので、サプリメント等で大量に摂取しないよう注意が必要です。

できるだけ自然なかたちで取り入れたいビタミンD☀️
散歩をしたり、魚など和食中心の食事をしたりと健康的な生活を心がけていれば自然と取り入れることができると思います◎

できていないな〜💔という方は、今一度、意識して取り入れてみてください😊
カラダの中から綺麗になりましょう✨

その他

Posted by staff-TJ