有酸素運動と無酸素運動

体脂肪を燃やすには有酸素運動??

有酸素運動が脂肪燃焼に効果的なのはもちろんですが、無酸素運動(筋トレ)にもダイエットに様々な効果があります。
体脂肪は運動を始めたときから燃え始めるのです🔥

「無酸素運動は体脂肪消費に効果がない」というイメージを抱かれがちですが、筋トレによって消費される筋肉中のグリコーゲンは肝臓から補われ、さらにそれらの不足分を補うために脂肪からも分解・合成されるのです!!💛
無酸素運動では、筋肉に貯めておいたグリコーゲン(糖質)が使われます。
筋肉を鍛えることで筋肉を活性化・増量させることができて代謝の増加や血行促進などにより、ダイエット効果を得ることができるのです✨

有酸素運動と無酸素運動の違い

有酸素運動

筋肉を収縮させる際のエネルギーに、酸素を使う運動のことをいいます。
ジョギングや水泳、サイクリングといった、ある程度時間をかけながら、小から中程度の負荷をかけて行う運動が代表的です。

無酸素運動

筋肉に貯めてある糖質をエネルギー源にする運動で、短距離走や筋トレなど、筋肉に対して高い負荷を短時間に集中的にかけて行います。
瞬発的にかける負荷が大きい分、消費エネルギーも多い無酸素運動の方が、有酸素運動よりも息が上がりやすいという特徴があります。

有酸素運動は20分以上行うとより効果的

有酸素運動は体脂肪をエネルギー源として燃焼させます。
有酸素運動は20分以上続けて行うとより効果的です。
10分程度でも脂肪は燃焼されますが、運動を始めて血液中の脂肪が少なくなってくると、体脂肪が分解されてエネルギーになります。
この体脂肪の分解が20分くらいから早まると言われ、そのため有酸素運動は20分以上行うと効果的と言われています。

 

ダイエットやボディメイク目的なら、有酸素運動に加え、筋トレもぜひ取り入れてみてください💪🏽
始めは回数や重さにあまりこだわらず、効かせたい部位にしっかりアプローチできているかを感じながらゆっくり行ってみてくださいね👍🏽

その他

Posted by staff-TJ